トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「開発環境」の絞り込み結果 : 9件

9件中 1 〜 9 表示  1 

No.5258 mac で mysql レプリケーション設定

### 場所確認
ll /usr/local/Cellar/mysql/5.6.22|grep mysqld_multi

### 初期化&data dir 構築
mysql_install_db --datadir=/usr/local/var/mysql1 --basedir=/usr/local/Cellar/mysql/5.6.22
cd /usr/local/var/
cp -a mysql1 mysql2
cp -a mysql1 mysql3
rm -f mysql2/ib_logfile* mysql2/auto.cnf
rm -f mysql3/ib_logfile* mysql3/auto.cnf

### conf 設定&起動
vim ~/.my.cnf --> set conf
/usr/local/Cellar/mysql/5.6.22/bin/mysqld_multi start
/usr/local/Cellar/mysql/5.6.22/bin/mysqld_multi report

### master 設定
mysql -uroot -p
GRANT REPLICATION SLAVE ON *.* TO repl@localhost IDENTIFIED BY 'repl';
show master status;

### slave 設定&slave start
mysql -uroot -p --socket=/tmp/mysql.sock2
CHANGE MASTER TO MASTER_HOST= 'localhost', MASTER_USER='repl', MASTER_PASSWORD='repl', MASTER_LOG_FILE='mysql-bin.000001', MASTER_LOG_POS=326;
start slave;
show slave status¥G

mysql -uroot -p --socket=/tmp/mysql.sock3
CHANGE MASTER TO MASTER_HOST= 'localhost', MASTER_USER='repl', MASTER_PASSWORD='repl', MASTER_LOG_FILE='mysql-bin.000001', MASTER_LOG_POS=326;
start slave;
show slave status¥G

### mysqld_multi 停止
/usr/local/Cellar/mysql/5.6.22/bin/mysqld_multi stop

~~~~
[mysqld_multi]
mysqld = /usr/local/bin/mysqld_safe
mysqladmin = /usr/local/bin/mysqladmin
user = root
log = /usr/local/var/log/mysql_multi.log

[mysqld]

[mysqld1]
server-id = 1
#user = root
port = 3306
datadir  = /usr/local/var/mysql1
socket   = /tmp/mysql.sock
pid-file = /tmp/mysql.pid
innodb_data_home_dir = /usr/local/var/mysql1
innodb_log_group_home_dir = /usr/local/var/mysql1
log_error = /usr/local/var/mysql1/mysqld.log
log_warnings=1

slow_query_log = ON
slow_query_log_file = /usr/local/var/mysql1/slow_query.log
long_query_time = 0

## replication setting
#sync_binlog=1
#log-bin=mysql-bin
#log-bin-index=mysql-bin
#relay-log=relay-bin
#relay-log-index=relay-bin
log-bin = mysql-bin
binlog_format = mixed

[mysqld2]
server-id = 2
#user = root
port = 3307
datadir  = /usr/local/var/mysql2
socket   = /tmp/mysql.sock2
pid-file = /tmp/mysql.pid2
innodb_data_home_dir = /usr/local/var/mysql2
innodb_log_group_home_dir = /usr/local/var/mysql2

slow_query_log = ON
slow_query_log_file = /usr/local/var/mysql2/slow_query.log
long_query_time = 0

# replication setting
read_only
log-slave-updates
log-bin=mysql-bin
log-bin-index=mysql-bin
relay-log=relay-bin
relay-log-index=relay-bin

[mysqld3]
server-id = 3
#user = root
port = 3308
datadir  = /usr/local/var/mysql3
socket   = /tmp/mysql.sock3
pid-file = /tmp/mysql.pid3
innodb_data_home_dir = /usr/local/var/mysql3
innodb_log_group_home_dir = /usr/local/var/mysql3

slow_query_log = ON
slow_query_log_file = /usr/local/var/mysql3/slow_query.log
long_query_time = 0

# replication setting
read_only
log-slave-updates
log-bin=mysql-bin
log-bin-index=mysql-bin
relay-log=relay-bin
relay-log-index=relay-bin
~~~~

更新:2015/12/14 08:41 カテゴリ: Mac  > 開発環境 ▲トップ

No.5168 mac で自動起動した mysql を停止する(自動起動OFF)

↓を参照

HomebrewでMySQLをインストールする時に知っておきたいこと | Macとかの雑記帳
http://tukaikta.blog135.fc2.com/blog-entry-197.html

引用元

更新:2014/10/21 19:53 カテゴリ: Mac  > 開発環境 ▲トップ

No.4268【引用】MacPortsより使いやすい!?パッケージ管理システムHomebrewの使い方 | Macとかの雑記帳

MacPortsより使いやすい!?パッケージ管理システムHomebrewの使い方 | Macとかの雑記帳
http://tukaikta.blog135.fc2.com/blog-entry-183.html

MacPortsと比べて依存関係でインストールされるソフトが少ないためか、パッケージ管理にHomebrewを使う人が増えているそうです。
 
MacPortsは、Macに最初から入っているソフトを無視してパッケージが依存するソフトを新規でインストールするという性質を持っていますが、Homebrewは極力Macに入っているものを使うように作られています。
 
このため、パッケージ導入時の...

引用元

更新:2012/02/12 12:50 カテゴリ: Mac  > 開発環境 ▲トップ

No.4242【引用】HomebrewでPHPビルド(自分用適当バージョン) $ curl -o $(brew --repository)/Library/Formula/php.rb https://raw.github.com/gist/890338/php.rb — Gist

HomebrewでPHPビルド(自分用適当バージョン) $ curl -o $(brew --repository)/Library/Formula/php.rb https://raw.github.com/gist/890338/php.rb — Gist
https://gist.github.com/890338

gist: 890338

Description:

HomebrewでPHPビルド(自分用適当バージョン) $ curl -o $(brew --repository)/Library/Formula/php.rb https://raw.github.com/gist/890338/php.rb
...

引用元

更新:2012/01/12 18:34 カテゴリ: Mac  > 開発環境 ▲トップ

No.4160【引用】Macのhomebrewでmemcachedを入れてみた

Macのhomebrewでmemcachedを入れてみた
 
OpenPNE3の動作テストで必要だったので、MacBookAir(Mac OS X 10.6.8 Snow Leopard)にmemcachedを入れることに。

自分のMacにはhomebrewが入ってるので、もしかしたらbrew installできるかも?とおもって調べたらあった!

$ brew search memcached
libmemcached memcached memcached-php memcachedb

というわけで、

$ brew install memcached

で、インストール、そして問題なく完了!

インストール出来たかどうか、phpinfo()を見てみると・・・・・...

引用元

更新:2011/11/01 09:22 カテゴリ: Mac  > 開発環境 ▲トップ

No.2863 mysql port install した後、エラー

mysql port install した後、以下のエラー
ERROR 2002 (HY000): Can't connect to local MySQL server through socket '/opt/local/var/run/mysql5/mysqld.sock' (38)




mysql
の設定(パスワードの設定はなし)

 

初期化

sudo -u mysql mysql_install_db5

 

mysql起動

sudo /opt/local/share/mysql5/mysql/mysql.server start

mysqlを動かそうとして以下のようなエラーが出たら、ソケットがな い、所有者が違う、mysqlの再起動をしていない、の原因が多い。

ç

↑の解消のため、socketをつくり、所有者をmysqlに設定する

sudo mkdir -p /opt/local/var/run/mysql5
sudo touch /opt/loacl/var/run/mysql5/mysqld.sock
sudo chown _mysql:_mysql /opt/local/var/run/mysql5/mysqld.sock

 

再起動

sudo /opt/local/share/mysql5/mysql/mysql.server restart

 

引用元

更新:2010/07/25 12:41 カテゴリ: Mac  > 開発環境 ▲トップ

No.2862 MacPortsで開発環境

以前、Leopard(Mac OSX1.5)だった頃にMacPortsで開発環境構築する手順は書いておいたんだけど、Snow Leopardにアップグレードにして同じ事しようと思ったらオプションの指定などそのままではうまくいかないところが結構あったので、改めて手順をメ モっておこうと思います。

変化のないところは一部省略しちゃっているところもあるかもしれません。以前書いたエントリーも参考にしてください。
ボクのMacBookができるまで:(5.開発環境構築編) [C!]

Xcode、X11のインストールは終わっている前提で始めます。

MacPortsの再インストール

MacPorts自体をキレイに入れなおさないとうまくいきません。
まずはここからスタートです

@see http://trac.macports.org/wiki/FAQ#uninstall

アンインストールします。
$ sudo port -f uninstall installed
ディレクトリもキレイにします。
$ sudo rm -rf /opt/local \
/Applications/MacPorts \
/Applications/DarwinPorts \
/Library/Tcl/macports1.0 \
/Library/Tcl/darwinports1.0 \
/Library/LaunchDaemons/org.macports.* \
/Library/StartupItems/DarwinPortsStartup \
/Library/Receipts/MacPorts*.pkg \
/Library/Receipts/DarwinPorts*.pkg \
~/.macports

@see http://www.macports.org/install.php

インストーラーを落としてきて起動するだけ。

一応UPDATE
$ sudo port -v selfupdate
よく使うコマンド
$ sudo port install wget pstree subversion

→失敗。PerlがないといわれているのでPerlを先にいれてみる

$ sudo port install perl5
あらためて
$ sudo port install wget pstree subversion libxml libxml2

§

Apache2の再インストール

インストール
$ sudo port install apache2
自動起動に入れる場合
$ sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.apache2.plist
設定ファイルを編集して、ホームのサイトをDocumentRootにする
$ sudo vi /opt/local/apache2/conf/httpd.conf
編集内容はこちら
## DocumentRoot を自分のホームのサイトへ変更
#DocumentRoot "/opt/local/apache2/htdocs"
DocumentRoot /Users/yager/Sites

## 合わせてDirectoryディレクティブも変更
#<Directory "/opt/local/apache2/htdocs">
<Directory "/Users/yager/Sites">
    # Localなので何でもありあり
    Options All
    AllowOverride All

    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>
設定を反映させるために再起動
$ sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl configtest
$ sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl graceful

§

MySQL5の再インストール

インストール
$ sudo port install mysql5 mysql5-server
自動起動する場合はこちら
$ sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plist
DB初期化してみる
$ sudo -u mysql mysql_install_db5
パスワードを設定する
$ /opt/local/lib/mysql5/bin/mysqladmin -u root password 'パスワード'
$ /opt/local/lib/mysql5/bin/mysqladmin -u root -h localhost password 'パスワード' -p
ログイン
$ mysql5 -u root -p
データベース作成
mysql> create database test character set utf8;
接続してmysqlユーザに権限付与
mysql> connect test;
mysql> grant all on *.* to mysql@'%' identified by 'mysql' with grant option;
mysql> grant all on *.* to mysql@localhost identified by 'mysql' with grant option;

§

PostgreSQL8.3の再インストール

インストール
$ sudo port install postgresql83 postgresql83-server
環境変数PATHに追加
$ vi ~/.bash_profile
追加内容
export PATH=/opt/local/lib/postgresql83/bin:/opt/local/lib/mysql5/bin:/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH
必要なディレクトリを用意して初期化
$ sudo mkdir -p /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb
$ sudo chown postgres /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb
$ sudo -u postgres initdb -D /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb
自動起動の設定
$ sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.postgresql83-server.plist
DB作成
$ sudo -u postgres createdb -E UTF-8 test
postgres ユーザでログインして、権限設定
$ psql test -U postgres

test=# alter user postgres with password 'パスワード';
テストテーブルつくってみる
test=# 
create table users (
     id serial NOT NULL
   , name text not null
   , password text not null
   , description text
   , primary key (id)
);

§

PHP5のインストール

モジュールのインストール方法が大分変わったので注意。

PHP5本体インストール
$ sudo port install php5 +apache2 +pear
設定ファイルをコピー(いらないかも)
$ sudo cp /opt/local/etc/php5/php.ini-development /opt/local/etc/php5/php.ini
Apache2用にモジュール作成
$ cd /opt/local/apache2/modules
$ sudo /opt/local/apache2/bin/apxs -a -e -n "php5" libphp5.so
追加モジュールをインストール(php5-*っていう形になったんだね)
sudo port install php5-mysql php5-postgresql php5-sqlite php5-mbstring php5-curl php5-gd php5-exif php5-tidy php5-mcrypt php5-zip

§

まとめ

色んなタイミングで、やり直しながらメモったものなのでどっか間違えてるかも。
気づいた方いたら教えてくださいませ。

ちなみに、普段はVirtualBoxにCentOS立てた環境使っているので、上記MacPortsで作成したアプリケーションは自動起動にしていませ ん。
使うときだけ手動起動する感じなんですが、起動コマンドがメンドイのでエイリアス作ってます。

$ vi ~/.bash_profile
追記した内容
alias apache_start="sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl start"
alias apache_stop="sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl stop"
alias postgres_start="sudo -u postgres pg_ctl -D /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb start"
alias postgres_stop="sudo -u postgres pg_ctl -D /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb stop"
alias mysql_start="sudo /opt/local/lib/mysql5/bin/mysqld_safe &"
alias mysql_stop="sudo /opt/local/bin/mysqladmin5 -u root -p shutdown"
こうしとくと、使いたいときに、「apache_start」とか叩けばOKですので。

引用元

更新:2010/07/25 01:34 カテゴリ: Mac  > 開発環境 ▲トップ

No.2861 最速でMacOSXSnowLeopardにMacportsでOpenPNE3をインストールする方法

最速でMac OS X Snow LeopardにMacportsでOpenPNE3をインストールする方法

出典: Public KFSPedia

sudo port selfupdate
sudo port -v install subversion +unicode_path
sudo port install zsh-devel +cjk +doc +examples +mp_completion +pcre Vim
sudo vi /etc/shells
sudo vi ./zshenv
export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH
export DISPLAY=:0.0
sudo port install git-core +svn
 
sudo port install apache2
sudo vi /opt/local/apache2/conf/httpd.conf
sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.apache2.plist
sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl start
sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl stop
 
sudo port install mysql5-devel +innodb_plugin
sudo port install mysql5-server-devel
sudo /opt/local/share/mysql5/mysql/mysql.server start 
mysql5 -u root
sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plist
 
sudo port install php5-devel +apache2 +gmp +mysql5 +sqlite +pear
sudo port install php5-apc
sudo port install php5-syck
sudo port install php5-xdebug
 
sudo port install p5-app-ack
sudo port install nkf

引用元

更新:2010/07/24 21:58 カテゴリ: Mac  > 開発環境 ▲トップ

No.2833 SnowLeopardなMacBookにMacPortsで開発環境入れ直し(Apache2/PHP5/MySQL5/PostgreSQL8.3)

Snow LeopardなMacBookにMacPortsで開発環境入れ直し(Apache2/PHP5/MySQL5/PostgreSQL8.3)

以前、Leopard(Mac OSX1.5)だった頃にMacPortsで開発環境構築する手順は書いておいたんだけど、Snow Leopardにアップグレードにして同じ事しようと思ったらオプションの指定などそのままではうまくいかないところが結構あったので、改めて手順をメ モっておこうと思います。

変化のないところは一部省略しちゃっているところもあるかもしれません。以前書いたエントリーも参考にしてください。
ボクのMacBookができるまで:(5.開発環境構築編) [C!]

Xcode、X11のインストールは終わっている前提で始めます。

MacPortsの再インストール

MacPorts自体をキレイに入れなおさないとうまくいきません。
まずはここからスタートです

@see http://trac.macports.org/wiki/FAQ#uninstall

アンインストールします。
$ sudo port -f uninstall installed
ディレクトリもキレイにします。
$ sudo rm -rf /opt/local \
/Applications/MacPorts \
/Applications/DarwinPorts \
/Library/Tcl/macports1.0 \
/Library/Tcl/darwinports1.0 \
/Library/LaunchDaemons/org.macports.* \
/Library/StartupItems/DarwinPortsStartup \
/Library/Receipts/MacPorts*.pkg \
/Library/Receipts/DarwinPorts*.pkg \
~/.macports

@see http://www.macports.org/install.php

インストーラーを落としてきて起動するだけ。

一応UPDATE
$ sudo port -v selfupdate
よく使うコマンド
$ sudo port install wget pstree subversion

→失敗。PerlがないといわれているのでPerlを先にいれてみる

$ sudo port install perl5
あらためて
$ sudo port install wget pstree subversion libxml libxml2

§

Apache2の再インストール

インストール
$ sudo port install apache2
自動起動に入れる場合
$ sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.apache2.plist
設定ファイルを編集して、ホームのサイトをDocumentRootにする
$ sudo vi /opt/local/apache2/conf/httpd.conf
編集内容はこちら
## DocumentRoot を自分のホームのサイトへ変更
#DocumentRoot "/opt/local/apache2/htdocs"
DocumentRoot /Users/yager/Sites

## 合わせてDirectoryディレクティブも変更
#<Directory "/opt/local/apache2/htdocs">
<Directory "/Users/yager/Sites">
    # Localなので何でもありあり
    Options All
    AllowOverride All

    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>
設定を反映させるために再起動
$ sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl configtest
$ sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl graceful

§

MySQL5の再インストール

インストール
$ sudo port install mysql5 mysql5-server
自動起動する場合はこちら
$ sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plist
DB初期化してみる
$ sudo -u mysql mysql_install_db5
パスワードを設定する
$ /opt/local/lib/mysql5/bin/mysqladmin -u root password 'パスワード'
$ /opt/local/lib/mysql5/bin/mysqladmin -u root -h localhost password 'パスワード' -p
ログイン
$ mysql5 -u root -p
データベース作成
mysql> create database test character set utf8;
接続してmysqlユーザに権限付与
mysql> connect test;
mysql> grant all on *.* to mysql@'%' identified by 'mysql' with grant option;
mysql> grant all on *.* to mysql@localhost identified by 'mysql' with grant option;

§

PostgreSQL8.3の再インストール

インストール
$ sudo port install postgresql83 postgresql83-server
環境変数PATHに追加
$ vi ~/.bash_profile
追加内容
export PATH=/opt/local/lib/postgresql83/bin:/opt/local/lib/mysql5/bin:/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH
必要なディレクトリを用意して初期化
$ sudo mkdir -p /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb
$ sudo chown postgres /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb
$ sudo -u postgres initdb -D /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb
自動起動の設定
$ sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.postgresql83-server.plist
DB作成
$ sudo -u postgres createdb -E UTF-8 test
postgres ユーザでログインして、権限設定
$ psql test -U postgres

test=# alter user postgres with password 'パスワード';
テストテーブルつくってみる
test=# 
create table users (
     id serial NOT NULL
   , name text not null
   , password text not null
   , description text
   , primary key (id)
);

§

PHP5のインストール

モジュールのインストール方法が大分変わったので注意。

PHP5本体インストール
$ sudo port install php5 +apache2 +pear
設定ファイルをコピー(いらないかも)
$ sudo cp /opt/local/etc/php5/php.ini-development /opt/local/etc/php5/php.ini
Apache2用にモジュール作成
$ cd /opt/local/apache2/modules
$ sudo /opt/local/apache2/bin/apxs -a -e -n "php5" libphp5.so
追加モジュールをインストール(php5-*っていう形になったんだね)
sudo port install php5-mysql php5-postgresql php5-sqlite php5-mbstring php5-curl php5-gd php5-exif php5-tidy php5-mcrypt php5-zip

§

まとめ

色んなタイミングで、やり直しながらメモったものなのでどっか間違えてるかも。
気づいた方いたら教えてくださいませ。

ちなみに、普段はVirtualBoxにCentOS立てた環境使っているので、上記MacPortsで作成したアプリケーションは自動起動にしていませ ん。
使うときだけ手動起動する感じなんですが、起動コマンドがメンドイのでエイリアス作ってます。

$ vi ~/.bash_profile
追記した内容
alias apache_start="sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl start"
alias apache_stop="sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl stop"
alias postgres_start="sudo -u postgres pg_ctl -D /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb start"
alias postgres_stop="sudo -u postgres pg_ctl -D /opt/local/var/db/postgresql83/defaultdb stop"
alias mysql_start="sudo /opt/local/lib/mysql5/bin/mysqld_safe &"
alias mysql_stop="sudo /opt/local/bin/mysqladmin5 -u root -p shutdown"
こうしとくと、使いたいときに、「apache_start」とか叩けばOKですので。

引用元

更新:2010/07/19 20:17 カテゴリ: Mac  > 開発環境 ▲トップ
9件中 1 〜 9 表示  1 

FuelPHP

Mac

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0