トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「DB一般知識」の絞り込み結果 : 1件

1件中 1 〜 1 表示  1 

No.1463 「テーブルスペース」とはなんですか?

「テーブルスペース」とはなんですか?



Oralceデータベースは、「テーブルスペース」と呼ばれる論理的な蓄積ユニットに区切られています。
Oracleでは、最低次の5つのテーブルスペースを持つようにと推奨しています。
(1)system・・・データベース・ディクショナリ・セグメントだけをもつ。
(2)rbs ・・・・ロールバック・セグメントのみを持つ。
(3)temp・・・・一時セグメントのみを持つ。
(4)tools ・・・Oracleフォームスのような汎用的なツールの為のセグメントを持つ。
(5)users ・・・ユーザのセグメントを持つ。<−−−−− 通常、ここにDBを作成します。

これらのデータ・ファイルは、
create table space...
alter table space ... add datafile ...
などのステートメントによって作成/拡張できます。

以上は、Oracle関連の文献より引用。

データファイルとテーブルスペース
データファイル、テーブルスペース、テーブルの関係。テーブルスペースは「論理的」な領域で、複数のOSファイル(データファイル)で構成される

 データファイルは、実際にユーザーのデータが格納される場所です。Oracleの内部では論理的に「テーブルスペース(表領域)」を作成し、その中にテーブルなどを格納することになります。

 右のに あるように、テーブルスペースはOracle内部に「論理的に」作られるため、複数のデータファイルから構成させることが可能です。例えばOS/ファイル システムの制限でファイルサイズに制限がある場合(Linuxのカーネル2.2以前では2Gbytes)でも、複数のデータファイルを集めて1つの大きな テーブルスペースを作ることができます。

 また、複数のデータファイルを複数の物理ディスクに配置することにより、ディス クI/O負荷を分散させることもできます。経験的に、これはパフォーマンス向上に非常に効果的です。また、テーブルスペースの使用状況により、後からデー タファイルを追加してテーブルスペースのサイズを拡張することもできます。

 テーブルスペースにはユーザーのテーブルやイ ンデックスだけでなく、システム領域(ユーザーログイン名やたくさんのシステム情報を格納)や、ロールバックセグメントなども格納されます。これらは、1 つのテーブルスペースにすべて格納することもできるのですが、実際のデータベース運用を任されたOracleマイスターがそれで満足していてはいけませ ん。運用管理のことを考慮した場合、少なくとも以下の4つのテーブルスペースに分割して作成する必要があります。


更新:2009/09/08 16:00 カテゴリ: web開発  > DB一般知識 ▲トップ
1件中 1 〜 1 表示  1 

FuelPHP

Mac

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0