トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「サーバ保守」の絞り込み結果 : 23件

23件中 1 〜 10 表示  1 | 2 | 3  次の10件> 最後»

No.5044 RAID状態確認

RAID状態確認

tw_cli info c0
更新:2014/01/13 23:56 カテゴリ: Linux  > サーバ保守 ▲トップ

No.4576【引用】ロードアベレージを監視して任意のコマンドを実行するコマンド



 

ロードアベレージを監視して任意のコマンドを実行するコマンド
Masahiro Nagano ( 2012年7月26日 12:09 ) | コメント( View )

とあるサーバでロードアベレージが上がったときに何が起きているか知りたくなったので書いてみました。他に似たツールがあれば教えて欲しいです

cpan: https://metacpan.org/release/App-LoadWatche...

引用元

更新:2012/08/20 14:27 カテゴリ: Linux  > サーバ保守 ▲トップ

No.4335【引用】【Linux】ユーザのログイン履歴を確認する方法


【Linux】ユーザのログイン履歴を確認する方法
linux
ssh などでリモート ログイン を可能にしている場合、ユーザの ログイン 履歴を調べたいことがあります。
こうした場合、lastコマンド、lastlogコマンド、lastbコマンドで ログイン 履歴を調べることができます。
lastコマンド、lastlogコマンドは成功した ログイン の履歴を表示します。
lastbコマンドは失敗した ログイン の履歴を表示します。
lastコマンド

≪書式≫
$ last [ユーザ名] ・・・ ログイン履歴を表示する。
ユーザ名:指定するとそのユー...

引用元

更新:2012/03/18 10:56 カテゴリ: Linux  > サーバ保守 ▲トップ

No.2599 DBのバックアップをとる

linuxで○○が壊れた時の対処法

こんにちは satoです。
障害の多くの場合はハードディスク障害ですが、実際障害が起きた際に、どのように復旧するかをケース別に書いてみようと思います。

hdd のセクタが壊れた

/var/log/message等に kernel: hda: dma_intr: status=0x51などど表示されているとハードディスク障害の可能性が高いです。
badblocks -vs -o hda1.sector /dev/hda1
(かなり時間がかかる)とやると 不良セクタが書き出されたファイル hda1.sector ができます。
fsck -l hda1.sector /dev/hda1
とやると不良セクタを使用しないようになります。いずれにしても早めの交換をお勧めします。

memoryが壊れた

http://blog.miraclelinux.com/mita/cat218683/index.html
に詳しいやり方が書いてありましたので参照しました。memtestであらかじめ不良領域を調べておいてブート時にメモリを使用しないようにする方法です。いずれにしても早く交換することをお勧めします。

svn のリポジトリが壊れた

svn admin recover リポジトリのディレクトリ
とかで復旧できる場合もあります。いろいろがんばってできないときはあきらめて、ダメなときは前日のバックアップから復旧しましょう。無い場合はsvn importしましょう
Berkeley DBはなんかよく壊れる気がするので、最近はfsfsを使用するようにしました
svnadmin create --fs-type fsfs と指定すれば fsfs形式になります

postfixのメールボックスが壊れた

alias等で その人メールの転送先を一時的に変えて メールファイルに sato に対して
formail -b < sato > sato.new
とやって 一旦エクスポートして、元ファイルと置き換えましょう。

mysqlのテーブルファイルが壊れた

マスターはスレーブからスレーブはマスターから復旧しましょう。無い場合、MyIsamテーブルの場合は repair tableコマンドで修復することができます
http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/repair-table.html
InnoDB形式のデータが壊れた場合は SELECT INTO OUTFILE でファイルに一旦吐き出して、 LOAD DATA INFILE でリストアします。エラーが出る場合には my.cnf の innodb_force_recovery の値を変えてダンプしてみます
http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/forcing-recovery.html

--
経験的にハードウェア障害の原因は
HDD 70%
NIC 10%
電源 10% 
その他 10%
といった感じです。

メモリーのテストは memtest で行うことができますが、詳細なHDDのテストは HDDのベンダー毎に違うのであらかじめツールを入手しておきましょう。

 Seagate http://www.seagate.com/support_ja/disc/drivers/discwiz.html
Hitachi(IBM) http://www.hgst.com/hdd/support/download.htm

引用元

更新:2010/06/04 14:32 カテゴリ: Linux  > サーバ保守 ▲トップ

No.2497 外部からのsyslogを受信する

外部からのsyslogを受信する

最近、社内で使用しているRTX-1000が不調で、突然telnetやpingすら返さなくなる現象に悩まされています。
ログを詳細に取り、原因を究明するため、Linuxにsyslogを転送してログをとるようにしてみました。

1・RTX-1000側での設定

  1. syslog host 172.16.0.100   # syslogサーバーのIP
  2. syslog facility user       # facility名
  3. syslog notice on
  4. syslog info on
  5. syslog debug on

設定はこれだけでOKです。

2・Linux側の設定

今回はせっかくなのでsyslog-ngをインストールしてみました。
  1. $ sudo apt-get install syslog-ng

設定は、 /etc/syslog-ng/syslog-ng.conf を変更します。
  1. source s_all {
  2.         (省略)
  3.         udp();  # これをつけないと外部から取得できない                                                                                                                                                 
  4. }
  5.  
  6. # 保存先を指定
  7. destination df_router { file("/var/log/router"); };                                                                                                                                                    
  8.  
  9. # フィルタの設定 172.16.0.1 からのログはフィルタにマッチ
  10. filter f_router { host(172.16.0.1); };                                                                                                                                                                 
  11.  
  12. # ログの設定
  13. log {
  14.         # 全部のログから
  15.         source(s_all);                                                                                                                                                                                 
  16.         # f_routerフィルタのマッチするものを
  17.         filter(f_router);                                                                                                                                                                              
  18.         # df_routerの場所に記録
  19.         destination(df_router);                                                                                                                                                                        
  20. };                                                                                                                                                                                                     

C言語のような構文で割とわかりやすい書式です。

蛇足ですが、フィルタには以下のように条件を組み合わせることも出来ます。
  1. filter f_router { host(172.16.0.1) or host(172.16.1.1); };                                                                                                                                             

設定が完了したら再起動します。
  1. $ sudo /etc/init.d/syslog-ng restart

これでログの転送が出きるようになりました。

まだ、不安定になる現象は再現していませんがしばらくRTX-1000の状態を監視していればなにか分かるかもしれません。

・おまけ
フリーズの原因ですが、一つ心当たりがあります。
最初にフリーズしたとき、
  1. |            |
  2. |  ルーター  |
  3. |  RTX-1000  |
  4. |  ルーター  |
  5. [↑ラックの棚]
のようにルーター同士でサンドイッチになっていいたため、筐体が触れないほど熱くなっていました。
もしかしたらコンデンサが熱でやられたのかもしれません。
外部からの攻撃よりも熱暴走が最大の敵・・・?

電子機器と熱は切っても切れない関係。そして最大の敵でもある。

世の中の管理者の皆さん。ルーターを雑に扱っていると、
忙しいときに限って壊れます。
普段から気にかけてあげてください。

引用元

更新:2010/05/14 10:23 カテゴリ: Linux  > サーバ保守 ▲トップ

No.2370 最速でLinuxサーバのメモリ使用率を分析する方法

最速でLinuxサーバのメモリ使用率を分析する方法

出典: Public KFSPedia

2010年4月27日 (火) 07:10時点における Kfs (会話 | 投稿記録) による版
(差分) ←前の版 | 最新版を表示 (差分) | 次の版→ (差分)

コマンド

sar -r
cat /proc/meminfo

/proc/meminfoの中身

MemTotal	メモリ搭載量
MemFree	空きメモリ量
Buffers	Bufferのサイズ。(*1)
Cached	PageCacheのサイズ(*2)
SwapCached
	PageoutされていたページをPageinして、まだディスクにPageoutした時のデータが残っているページの容量。空きメモリが足りなくなった場合は、Pageoutせずにそのまま解放できるのでI/Oを省略できる。
Active
	最近アクセスされたページ。基本的に解放の対象外。(*3)
Inactive
	最近アクセスのないページ。空きメモリが少なくなるとこのページから解放されていく。
HighTotal
	HighMemoryの総容量
HighFree
	HighMemoryの空き容量
LowTotal	LowMemoryの総容量
LowFree	LowMemoryの空き容量
SwapTotal	スワップ領域の総容量
SwapFree	スワップ領域の空き容量
Dirty	Dirtyページのサイズ。ディスクへ書き出す必要がある。
Writeback	スワップデバイスに書き出し中のページの容量
Mapped	PageTableからマップされているページの容量?
Slab	スラブアロケータのメモリ使用量
CommitLimit	プロセスが確保できるメモリの制限値(*4)
Committed_AS	プロセスが割り当てているアドレス空間の総量(物理ページの割り当て量ではない)。malloc()だけしてまだアクセスしていない領域(仮想アドレス空間だけ割り当てられて物理ページが割り当てられていない状態)も含まれる。(VM的に'commit'されいつでも使用できる状態)
PageTables	PageTableのメモリ使用量
VmallocTotal	vmalloc()により確保するアドレス空間の総容量
VmallocUsed	vmalloc()で割り当て済みの容量
VmallocChunk	vmalloc用領域のFree領域で最も大きい連続領域のサイズ

引用元

更新:2010/04/28 09:54 カテゴリ: Linux  > サーバ保守 ▲トップ

No.1996 スワップを防ぐ方法

スワップを防ぐ方法

カーネルパラメータ「vm.swappiness」を小さくする
 

どのプロセスがメモリを食っているか確認する方法

  • top -> M押下
  • ps -aux --sort -vsize

スワップを防ぐ方法

カーネルパラメータ「vm.swappiness」を小さくする

cat /proc/sys/vm/swappiness
 
/etc/sysctl.conf
vm.swappiness = 1
 
sudo sysctl -p
 
cat /proc/sys/vm/swappiness

 
 

引用元

出典: Public KFSPedia
更新:2010/03/18 20:20 カテゴリ: Linux  > サーバ保守 ▲トップ

No.2103 sar 日付を指定して実行

sar -n -f /var/log/sa/sa15

-f :ファイルの指定
「15」が日付
更新:2010/02/16 16:18 カテゴリ: Linux  > サーバ保守 ▲トップ

No.2056 スワップの解放

swapoff -a

(top 等でswap値が減るのを確認・0まで待つ)

swapon -a


※スワップ設定をOFFしてONにすることでリセットする
更新:2010/02/02 17:41 カテゴリ: Linux  > サーバ保守 ▲トップ

No.2054【引用】sarコマンド

sarコマンド

sarコマンドを用いて性能情報を収集するツールを作成することになりました
欲しい情報はCPUとメモリの使用状況
果たしてsarコマンドでどのような情報がどのように表示されるのか
これから先はネット上を彷徨って私がたどり着いた結果です
今回はLinuxサーバに限っての情報です

1.sarコマンドとは

sarコマンドはsadcコマンドで収集されたデータに基づいてシステムの使用状況レポートを作成します。
sadcコマンドはシステムの使用状況データを収集して後日分析できるようにファイルに書き...

引用元

更新:2010/02/02 14:53 カテゴリ: Linux  > サーバ保守 ▲トップ
23件中 1 〜 10 表示  1 | 2 | 3  次の10件> 最後»

FuelPHP

Mac

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0