トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「設置・環境」の絞り込み結果 : 12件

12件中 1 〜 10 表示  1 | 2  次の2件> 最後»

No.2352 symfony1.4のライブラリをgithubから取得する

symfony 1.4のライブラリをgithubから取得する

プロジェクトのルートディレクトリにて

git clone git://github.com/vjousse/symfony-1.4.git lib/vendor/symfony

このリポジトリは、1日単位で公式subversionリポジトリと同期されているそうです。


今までプロジェクトを作るときには、毎回subversionリポジトリから取得していたのですが、gitだとライブラリ丸ごと取得しても一瞬なのが素晴らしいですね。

引用元

更新:2010/04/27 10:17 カテゴリ: symfony  > 設置・環境 ▲トップ

No.978 テスト

テスト
更新:2009/06/01 14:28 カテゴリ: symfony  > 設置・環境 ▲トップ

No.891 バックエンドappsの作成

symfony1.2のAdmin Generatorはformフレームワークベース

Posted by webmaster on 2008-11-02 in symfony1.2, propel, admin+generator

formフレームワークになったおかげで格段に柔軟性がアップしました。

公式のブログ記事の例を簡単に解説します。

schema.ymlで以下のようなモデルを定義。

propel:
  demo_article:
    id:             ~
    author_id:      { type: integer, foreignReference: id, foreignTable: demo_author, onDelete: cascade, onUpdate: cascade, required: true }
    status:         { type: varchar(255), required: true }
    title:          { type: varchar(255), required: true }
    content:        { type: longvarchar, required: true }
    is_on_homepage: boolean
    published_at:   timestamp
    created_at:     timestamp
    updated_at:     timestamp
 
  demo_category:
    id:          ~
    name:        varchar(255)
 
  demo_author:
    id:          ~
    name:        varchar(255)
 
  demo_tag:
    id:          ~
    name:        varchar(255)
 
  demo_tag_article:
    tag_id:      { type: integer, primaryKey: true, foreignReference: id, foreignTable: demo_tag, onDelete: cascade, onUpdate: cascade, required: true }
    article_id:  { type: integer, primaryKey: true, foreignReference: id, foreignTable: demo_article, onDelete: cascade, onUpdate: cascade, required: true }
 
  demo_category_article:
    category_id: { type: integer, primaryKey: true, foreignReference: id, foreignTable: demo_category, onDelete: cascade, onUpdate: cascade, required: true }
    article_id:  { type: integer, primaryKey: true, foreignReference: id, foreignTable: demo_article, onDelete: cascade, onUpdate: cascade, required: true }
 

バックエンドアプリを作成

> php symfony generate:app backend

settings.ymlのescaping_strategyをonにする。

routing.ymlの先頭に以下を定義。

articles:
  class: sfPropelRouteCollection
  options:
    model:              Article
    module:             article
    collection_actions: { filter: post, batch: post }
 

以下のコマンドを実行

symfony propel:generate-admin backend articles
symfony propel:generate-forms
symfony propel:generate-filters

さらに

categories:
  class:   sfPropelRouteCollection
  options:
    model:       DemoCategory
    module:      category
    with_show:   false
    collection_actions: { filter: post, batch: post }
 
symfony propel:generate-admin backend categories

とりあえずこれで作成完了

引用元

更新:2009/05/10 15:50 カテゴリ: symfony  > 設置・環境 ▲トップ

No.890【引用】generate-module したのに「New」のページが表示されない;;

※ __toString() というマジックメソッドを使って定義する必要アリ!

仕事の編集を試したいなら、symfonyはカテゴリのテキスト表示が必要となるので例外が表示されます。 PHPのオブジェクト表現は __toString() というマジックメソッドを使って定義できます。 カテゴリレコードのテキスト表示は JobeetCategory モデルクラスで定義します。:
// lib/model/JobeetCategory.php
class JobeetCategory extends BaseJobeetCategory
{
public function __toString ( )
{
return $this ->...

引用元

更新:2009/05/10 15:39 カテゴリ: symfony  > 設置・環境 ▲トップ

No.822 なんだかpropel:build-allができねぇ

なんだかpropel:build-allができねぇ
php-domがいるんだと
CentOSでは php-xml なんだと
yum php-xml するもなんか依存関係で駄目なんだと
phpいれなおすことにする

yum remove php*

yum install php
yum install php-devel
yum install php-common
yum install php-gd php-mbstring php-pdo php-mycrypt php-mysql php-ncurses php-xml php-pear

入れた後でphp5.2へupdate
参考:webmemo.uzuralife.com/manual/index.php

できたpropel:build-all
更新:2009/05/01 09:11 カテゴリ: symfony  > 設置・環境 ▲トップ

No.813 DB実行(ぷろぺる)〜ダイジェスト

設定ファイルの編集
    config/propel.ini
    config/database.yml
定義ファイルの編集
    config/settings.yml
定義系の実行
    SF propel:build-all --no-confirmation
    詳細
        SF propel:build-sql
        SF propel:insert-sql --no-confirmation
        SF propel:build-model
キャッシュのクリア
    SF cc
    理由
        関数追加後のctagsのやり直しと一緒
インサートするデータの定義
    data/fixtures/010_categories.yml
反映
    SF propel:data-load

更新:2009/04/26 12:13 カテゴリ: symfony  > 設置・環境 ▲トップ

No.811 ORM:初期設定 (どくとりん版)

スキーマファイルからSQLを生成してデータベースに反映する流れ
1. スキーマからモデルのビルド (doctrine:build-model タスク)
2. モデルからSQLの生成 (doctrine:build-sql タスク)
3. SQLのインサート (doctrine:insert-sql タスク)
✤ doctrine:build-all タスクを使うとこれらの操作をまとめて行うことができます(実際には doctrine:build-forms タスクも含まれる)

✤ doctrine:build-model タスクは lib/model/doctrine ディレクトリにPHPファイルを自動生成します
✤ JobeetJob: このクラスのオブジェクトは jobeet_job テーブルの単独のレコードを表します。 デフォルトではこのクラスは空です。
✤ BaseJobeetJob: JobeetJobの親クラス。doctrine:build-model を実行するたびに上書きされるので、このクラスはカスタマイズしてはならない。
✤ JobeetJobTable: このクラスは JobeetJob オブジェクトのコレクションを返すメソッドを定義します。 デフォルトではクラスは空です。

✤ doctrine:build-model タスクを実行したあとはキャッシュのクリアを忘れずに行ってください
$ php symfony cc
✤ symfony での開発中に何か変な動きをしたら慌てる前に symfony cc をする習慣を付けるとよいと思います(というかしばらくやってると勝手にそうなります)
✤ Ctrl + F5 を押しても変更が反映されない、クラスが見つからないと怒られるなどは ccで直る場合が多いです

引用元

「30分じょびーと」より
更新:2009/04/26 02:16 カテゴリ: symfony  > 設置・環境 ▲トップ

No.810 DB設定(ぷろぺる編)

◆DB作成
echo "CREATE DATABASE DB-name DEFAULT CHARACTER SET utf8" | mysql -u root -p

cf: doctrine:build-db でも出来るが癖がある@@

◆設定ファイルの編集
config/propel.ini
config/database.yml


◆定義ファイルの編集
config/settings.yml

◆xmlファイルに変換
symfony propel-convert-yml-schema

schema.yml ファイルは全てのテーブルとカラムの説明を含んでいます。各カラムは下記の情報をつけて記述されます。:
  • type: カラムの型(booleantinyintsmallintintegerbigintdoublefloatrealdecimalcharvarchar(size)longvarchardatetimetimestampblob、とclob)
  • required: カラムを必須にしたい場合はtrueに設定する
  • index: カラム用にインデックスを作りたい場合はtrueに設定する。 カラムでユニークインデックスを作りたい場合はuniqueに設定する。
  • primaryKey: カラムをテーブル用の主キーとして定義する。
  • foreignTable, foreignReference: 別のテーブルへの外部キーとしてカラムを定義する。

~に設定されたカラムはYAMLでnullを意味します(idcreated_at、と updated_at)、 symfonyはベストの設定を推測します (idに対しては主キー created_atupdated_atに対してはタイムスタンプ).


◆symfonyににJobeetプロジェクト用にこのデータベースを使うことを伝える
symfony configure:database "mysql:host=localhost;dbname=jobeet" root パスワード
◆ORM
SF propel:build-sql
SF propel:insert-sql --no-confirmation
SF propel:build-model
SF propel:build-all --no-confirmation
SF cc

◆初期データ

 
更新:2009/04/26 02:03 カテゴリ: symfony  > 設置・環境 ▲トップ

No.809 Doctrineを有効にする

✤ config/ProjectConfiguration.class.php を以下のように書き換えます
$this->enableAllPluginsExcept(array('sfPropelPlugin','sfCompat10Plugin'));


✤ 設定変更後はキャッシュと不要ファイルを削除します
$ php symfony cc
$ php symfony plugin:publish-assets
$ rm web/sfPropelPlugin
$ rm config/propel.ini
$ rm config/schema.yml
更新:2009/04/26 02:01 カテゴリ: symfony  > 設置・環境 ▲トップ

No.808 プロジェクトのdirでSVNの対象祖外にすべきもの

✤ cache
✤ log
更新:2009/04/26 02:00 カテゴリ: symfony  > 設置・環境 ▲トップ
12件中 1 〜 10 表示  1 | 2  次の2件> 最後»

FuelPHP

Mac

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0