トップ  > メモ一覧  > カテゴリ「標準機能」の絞り込み結果 : 6件

6件中 1 〜 6 表示  1 

No.958 小窓キャスト

小窓キャスト@@
自分で小窓を配信する仕組みを作れる
・js作る
・RSS配信する

・OpenPNEでRSS用URLを登録

小窓キャスト

小窓を配信しているRSSを読み込めば小窓を一括追加、小窓ファイルに変更が入った場合も更新ボタン1つで最新のものに切り替わる「小窓キャスト」機能が追加されました!
小窓キャスト機能によりOpenPNEにデフォルトで入っているもの以外の小窓も取り込みやすく、小窓ファイルに変更があった場合にもjsファイルを変更する必要がなくなるので、小窓の管理が2.10までよりぐんと楽になります。
小窓を作成している方も、RSSで一括配信ができるのでjsファイルを圧縮して配信する手間も省ける上、小窓ファイルの変更があった場合でもRSSの更新日を変えるだけで小窓利用者に配布することができるので、小窓を配布しやすくなりました。

 


小窓キャスト配信者向けドキュメント

 

0. このドキュメントについて

このドキュメントは、 OpenPNE2.12 で実装された「小窓キャスト機能」を利用し、小窓の配信をおこなうための手順を書いたものです。

小窓キャスト機能の概要については、小窓キャスト機能について?をご覧ください。

配信されている小窓を利用するためのドキュメントについては、小窓キャスト利用者向けドキュメントをご覧ください。

1. 準備するもの

小窓キャスト機能を利用して小窓の配信をおこなうには、以下に掲げるものと、これらを設置し公開することのできるサーバ(レンタルサーバなど)が必要です。

  • 配信したい小窓のJavaScriptファイル
  • 配信対象の小窓が羅列された小窓キャストRSS(後述)

2. 小窓キャストRSSについて

形式

  • RSS2.0に則っている必要があります
  • channel 要素(配信元を示す要素)は必須です。また、 channel 要素は以下の内容を含んでいなければいけません
    • title 要素(配信元の名前を示す要素)
    • link 要素(配信元のURLを示す要素)
    • description 要素(配信元の説明を示す要素)
  • item要素(配信されている小窓を示す要素) は以下の内容を含んでいなければいけません
    • title 要素(配信されている小窓のタイトルを示す要素)
    • enclosure 要素(配信されている小窓の本体を示す要素)
    • pubDate 要素(配信されている小窓の更新日時を示す要素)
  • enclosure 要素によって配信できる小窓のJavaScriptには以下のような制限があります
    • url 属性(小窓の存在するURLを示す属性)は必須です
    • type 属性(小窓の MIME type を示す属性)は必須です
    • length 属性(小窓のファイルサイズを示す属性)は必須です
    • url 属性値は .js で終わっていなければいけません
    • type 属性値 は text/javascript もしくは application/javascript でなければいけません

サンプル

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<rss version="2.0">
<channel>

<title>小窓キャストサンプル</title>
<link>http://cmdcast.example.com/</link>
<description>小窓キャストのサンプルです</description>

<item>
    <title>小窓1</title>
    <description>小窓その1</description>
    <enclosure url="http://cmdcast.example.com/example.com.js" length="1542" type="text/javascript" />
    <pubDate>Tue, 29 Apr 2008 01:15:00 +0900</pubDate>
</item>

<item>
    <title>小窓2</title>
    <description>小窓その2</description>
    <enclosure url="http://cmdcast2.example.com/example.com.js" length="1542" type="text/javascript" />
    <pubDate>Tue, 29 Apr 2008 01:15:00 +0900</pubDate>
</item>

</channel>
</rss>

3. 小窓を配信してみる

  1. 配信したい小窓の JavaScript ファイルをWEBサーバの公開領域に設置してください
  2. サンプルを参考にして、小窓キャストRSSファイルを作成してください
    • enclosure 要素の url 属性値に 1. で設置した小窓の JavaScript ファイルのURLを指定します
  3. 作成した小窓キャストRSSファイルをWEBサーバの公開領域に設置してください

3. で設置した小窓キャストRSSファイルのURLを管理画面の「小窓キャスト設定」から登録することで、1. で設置した JavaScript を小窓として使用することができるようになります。

4. 配信対象の小窓を追加する

  1. 配信したい小窓の JavaScript ファイルをWEBサーバの公開領域に設置してください
  2. 小窓キャストRSSファイルに 1. で設置した小窓についての item 要素を追加してください
  3. 2. で更新した小窓キャストRSSファイルをWEBサーバの公開領域に設置してください

管理画面の「小窓キャスト設定」にある「更新」ボタンを押下することで、1. で追加した JavaScript を小窓として使用することができるようになります。

5. 配信中の小窓を編集する

  1. 小窓キャストRSSファイルの pudDate 要素に記されている日時を新しいものに更新してください
  2. 1. で更新した小窓キャストRSSファイルをWEBサーバの公開領域に設置してください

管理画面の「小窓キャスト設定」にある「更新」ボタンを押下することで、1. で変更した内容が反映されるようになります。




 

引用元

http://trac.openpne.jp/wiki/pne-cmd/cmd-cast-caster#%E5%B0%8F%E7%AA%93%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E9%85%8D%E4%BF%A1%E8%80%85%E5%90%91%E3%81%91%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88
http://trac.openpne.jp/
http://trac.openpne.jp/wiki/pne-cmd/cmd-cast-caster
http://trac.openpne.jp/wiki/pne-cmd/cmd-cast-caster-note
http://trac.openpne.jp/wiki/pne-cmd/cmd-cast-caster?action=edit
http://trac.openpne.jp/wiki/pne-cmd/cmd-cast-caster#a0.%E3%81%93%E3%81%AE%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6
http://trac.openpne.jp/wiki/pne-cmd/cmd-cast-caster#a1.%E6%BA%96%E5%82%99%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%AE
http://trac.openpne.jp/wiki/pne-cmd/cmd-cast-caster#a2.%E5%B0%8F%E7%AA%93%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88RSS%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6
http://trac.openpne.jp/wiki/pne-cmd/cmd-cast-caster#%E5%BD%A2%E5%BC%8F
http://trac.openpne.jp/wiki/pne-cmd/cmd-cast-caster#%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB
http://trac.openpne.jp/wiki/pne-cmd/cmd-cast-caster#a3.%E5%B0%8F%E7%AA%93%E3%82%92%E9%85%8D%E4%BF%A1%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%8B
http://trac.openpne.jp/wiki/pne-cmd/cmd-cast-caster#a4.%E9%85%8D%E4%BF%A1%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E3%81%AE%E5%B0%8F%E7%AA%93%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E3%81%99%E3%82%8B
http://trac.openpne.jp/wiki/pne-cmd/cmd-cast-caster#a5.%E9%85%8D%E4%BF%A1%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%B0%8F%E7%AA%93%E3%82%92%E7%B7%A8%E9%9B%86%E3%81%99%E3%82%8B
http://trac.openpne.jp/wiki/pne-cmd/cmd-cast
http://trac.openpne.jp/wiki/pne-cmd/cmd-cast-user
http://cmdcast.example.com/&lt;/link&gt;
更新:2009/08/31 14:18 カテゴリ: OpenPNE2  > 標準機能 ▲トップ

No.1009 REST_XML認証通信仕様書

REST_XML認証通信仕様書

2008/1/10       初版
======================================================================
■1■概要
1) 通信主体
        【認証主サーバ】 ⇔ 【SNSサーバ】 間のサーバ間通信

2) プロトコル
        RESTの仕様に準拠。
        文字コード系はUTF-8とする。
        リクエストはGET,レスポンスはXMLとする。

3) セキュリティ
        【認証主サーバ】、【SNSサーバ】間のAPI通信に対しては、【認証主サーバ】側でIP制限をと良いだろう。
        経路間での盗聴を防ぐためhttpsで通信を行うと良いだろう。

■2■通信仕様
1) 【認証主サーバ】側仕様
        1-1) リクエスト仕様(【SNSサーバ】→【認証主サーバ】)
                1-1-1) リクエスト形式
                        GET
                      
                1-1-2) リクエストURL
                        https://server.example.com/api/auth/
              
                1-1-3) リクエストパラメータ (パラメータ要素名はconfig.phpで変更可能です)
                        1) userid
                                要素名
                                        userid
                                型
                                        String (URLに使用可能な文字のみとする)
                                説明
                                        【認証主サーバ】サービスのログインアカウント名
                              
                        2) password
                                要素名
                                        password
                                型
                                        String (URLに使用可能な文字のみとする)
                                説明
                                        BlowFishで可逆暗号化した【認証主サーバ】サービスのインアカウントのパスワードにbase64_encodeをかけ、さらにurl_encodeをかけたもの。
                                        BlowFishの暗号化方式は「ECBモード」とする。
                                        BlowFishの鍵は56桁の英数字とする。
                                        鍵は【認証主サーバ】・【SNSサーバ】で同一のものを使
                                      
                1-1-4) リクエスト例
                        https://server.example.com/api/auth/?userid=username&password=uagj50ay5w1wqrr0olu8crzj
                      
        1-2) レスポンス仕様(【SNSサーバ】←【認証主サーバ】)
                1-2-1) レスポンス形式
                        UTF-8エンコードのXML
                      
                1-2-2) レスポンスパラメータ (パラメータ要素名はconfig.phpで変更可能です)
                        1) result
                                要素名
                                        result
                                型
                                        int
                                説明
                                        認証成功 ・・・ 1
                                        認証失敗 ・・・ 0
                                        を返す。
                                      
                        2) Msg (省略可能)
                                要素名
                                        Msg
                                型
                                        UTF-8形式のString
                                説明
                                        エラーメッセージなど、
                                        レスポンスに付属するメッセージを返す。
                                      
                1-2-3) レスポンス例
                        認証成功
                                <?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
                                <array>
                                <result>1</result>
                                </array>

                        認証失敗
                                <?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
                                <array>
                                <result>0</result>
                                <Msg>アカウントが一時停止になっています。</Msg>
                                </array>

                1-2-4) PHPコード例
                        require_once 'XML/Unserializer.php';
                        require_once 'XML/Util2.php';
      
                        $options = array(
                        "addDecl" => true,
                        );
                        $serializer = new XML_Serializer($options);
      
                        $result = array(
                        'result' => 1,
                        );
          
                            $xml_result = $serializer->serialize($result);
          
                            echo $serializer->getSerializedData();
   
    EOF

引用元

更新:2009/06/07 19:35 カテゴリ: OpenPNE2  > 標準機能 ▲トップ

No.409 ポータルクリエーターON

m=portal&a=page_edit_portal_use にて
管理画面>拡張機能>ポータル
更新:2008/10/21 18:43 カテゴリ: OpenPNE2  > 標準機能 ▲トップ

No.403 config.php項目

 // 画像へのアクセスをSNS認証する
 // ※画像静的化機能を用いている場合は利用できません
 define('CHECK_IMG_AUTH', false);

SNS内画像にログインしないでアクセスを認めるか否か?
更新:2008/10/19 20:57 カテゴリ: OpenPNE2  > 標準機能 ▲トップ

No.384 SlavePNEとは

SlavePNEとは

SlavePNEとは、他のシステムのアカウントを親、OpenPNEを子(Slave)として連携させる方法です。外部システムでユーザ認証が行えるため、外部アカウントでのOpenPNEへのログインが可能となります。OpenPNEのアカウント管理はOpenPNE側と外部システムの両面でなされます。また、ユーザ情報も外部システムに蓄積されます。
◎SlavePNE
OpenPNEでは現在SlavePNEを実現させるための外部ライブラリに、PEARライブラリのAuth_Containerを使っています。このAuth_Containerがサポートするシステムであれば、OpenPNEと連携させることができます。

・招待
外部システムのIDでログインしているため、OpenPNE側から招待メールの発行ができません。外部システムに登録フォームが用意されていれば、そのURLをお知らせするだけの招待メールを飛ばすことは可能です。
・パスワード
ID自体が外部システムのもののため、OpenPNE側から変更または再発行することができません。外部認証時の「パスワードを忘れた方」のリンク先URL設定で、URLを空にするとリンクが非表示になります。ここで外部システム側のURLを設定することで、「パスワードを忘れた方」のリンク先がそのURLに変えることは可能です。
・アカウント管理
OpenPNEアカウント管理はOpenPNE側で出来ますが、ID自体の管理は外部システムのもののため、OpenPNE側ではできません。
[2008/10/16 15:11:09] おがわおがわの発言: 以下の事項は説明必要かもしれません。

 * SNSへの登録フローが変わる(ログイン→プロフィール入力)
 * 運用中にSlavePNEに切り替えることは想定されていない
更新:2008/10/17 20:20 カテゴリ: OpenPNE2  > 標準機能 ▲トップ

No.325 biz施設

mysql -u root -p --default-character-set=utf8 openpne < setup/sql/mysql41/option/pnebiz-header.sql
更新:2008/10/07 17:15 カテゴリ: OpenPNE2  > 標準機能 ▲トップ
6件中 1 〜 6 表示  1 

FuelPHP

Mac

web開発

プロマネ

マネタイズ

プレゼン

webサービス運用

webサービス

Linux

サーバ管理

MySQL

ソース・開発

svn・git

PHP

HTML・CSS

JavaScript

ツール, ライブラリ

ビジネス

テンプレート

負荷・チューニング

Windows

メール

メール・手紙文例

CodeIgniter

オブジェクト指向

UI・フロントエンド

cloud

マークアップ・テキスト

Flash

デザイン

DBその他

Ruby

PostgreSQL

ユーティリティ・ソフト

Firefox

ハードウェア

Google

symfony

OpenPNE全般

OpenPNE2

Hack(賢コツ)

OpenPNE3

リンク

個人開発

その他

未確認

KVS

ubuntu

Android

負荷試験

オープンソース

社会

便利ツール

マネー

Twig

食品宅配

WEB設計

オーディオ

一般常識

アプリ開発

サイトマップ

うずら技術ブログ

たませんSNS

rss2.0